様々な内容の情報サイト

気になる情報を紹介

便の色は大切

便を観察することで、ある程度は体の健康状態がわかるようになっています。快適な生活を送るためにも便の観察は必ずしておくといいでしょう。

毎日じっくり観察する必要はありませんが、ちらっと見ておくだけでも違います。

便から体の健康状態を知るためには排便回数や色や形状などがありますが、この中でも一番目について気になるのが“色”ではないかと思います。

いつもと違う色の便が出ると、少しビックリしてしまいますね。よく見かけるのが「茶色」もしくは「茶褐色」でしょう。

子供たちが悪ふざけで便の絵を描く時、茶色や茶褐色を使って表現することが多いです。しかし、実は茶色の便は“正常”ではないのです。

主に食べすぎや飲みすぎの時に見られる便ですので、食生活を見直しましょう。ただし大きな病気という確率は低いためさほど気に病まなくても大丈夫です。

正常な便は「黄褐色」です。やや黄味がかった便であれば、体は健康状態にあると考えていいでしょう。

ですがこれが「黄色」になった場合、下痢便や脂肪便の可能性が出てきます。牛乳をたくさん飲んでいる人も黄色い便になりますね。

危険なのは「赤」と「灰白」の便です。赤い色の便は出血、灰白色の便は腸結核でも出てきます。

もし便の色に不安を感じたら病院で診てもらって下さい。

管理者リンク

Copyright © 2014 様々な内容の情報サイト All Rights Reserved.